*

[讃岐うどん]せいご

公開日: : 最終更新日:2017/10/20 今日のうどん ,

「せいご」は2016年1月12日にオープン。

ここは以前は「鷹の羽」でした。

そして「せいご」の前身は国分寺にあった「まるや」

これは調べてみて初めて知りました!

「まるや」はかなり思い出深いお店で、いつの間にか無くなっていた時は相当ショックでした。

以前よくクラブイベントを主催していた時、土曜の夜がイベント。
そして翌日日曜は、早起きしてゲストさんを連れてうどんツアーをすることが多かったのです。

ミズモトアキラさんにゲストで来て頂いた時のうどんツアーで、予定していなかった「まるや」に朝うどんで入った時に食べたうどんが本当にうまかったのです。

それはボクだけではなくみんなの意見でした。

場所的には家からは近いのですが、あまりそちら方面に用事があることが少なくて、その後何度か行ったくらいで、閉店しているのを見かけた時は信じられなかったのです。

よかった~

今日は14時半頃という遅めの入店。

ここに来ることは考えていなくて、たまたまこの道を通ったので入ろうということになりました。

頼んだのは「とり肉ぶっかけ」

親鳥なので噛み応えがあります。

 

一緒に来た方は「肉うどん」「あなご天」

雨だったので入店前に写真を撮らずに入って、帰りに撮りましたが暖簾はしまわれてしまいました。

「まるや」はセルフのお店でした。「せいご」はフルサービスのお店です。

いやぁ、このあたりは最近は来ることがなかったのですが、ちょくちょくこのお店のために来ようかなぁ。

他に食べたいものがいっぱいありましたよ^^

【お店データ】
せいご
住所:香川県高松市元山町1001-3
TEL:087-867-6006
営業時間:10:30~15:00
定休日:年中無休
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]麺処 綿谷 高松店|初めて頼んだ「肉釜玉」にも大満足&大満腹

高松の南新町商店街内にある大人気うどん店「麺処 綿谷 高松店」 人生の中で「スペシャル」という

記事を読む

[讃岐うどん]森製麺所|冷かけ&とり天

「森製麺所」 高松市役所のナナメ向かいにある老舗うどん屋さん。 存在自体を知らなくて初め

記事を読む

[讃岐うどん]植田うどんのかけうどん

植田うどんは何やかんやでよく行くうどん屋さんですが、 遅くなると麺切れで入れないことも何度かありま

記事を読む

[讃岐うどん]松原うどんは道の駅津田の松原にあります

夏場は毎日のように前の道を通るのですが、リニューアルしてから初めて入ったうどん屋さんです。 早

記事を読む

[讃岐うどん]山下うどん(坂出)

坂出の「山下うどん」 言わずと知れた大名店です。 色んな有名人の方も来られていますが、よ

記事を読む

[讃岐うどん]なかむら屋|肉釜玉!

「なかむら屋」 讃岐うどんを語る時によく出るネタとして、 自分で畑にネギを採りに行くお

記事を読む

[讃岐うどん]枡うどん(ますうどん)

「枡うどん」はイオン高松東店の道を挟んだ向かいにあります。 オフィシャルHPもありました。

記事を読む

[讃岐うどん]しんぺいうどん|肉玉つけうどん!

「しんぺいうどん」 田町商店街の中にある若き店主が営むお店 フルサービスのお店なので普段

記事を読む

おおみねのうどん屋さん|小豆島にも「さぬきの夢」を使ったうどん屋さんがあります!

小豆島で用事があり、待ち合わせは12時半。 9:55の高松発土庄行きに乗って、待ち合わせの前

記事を読む

[讃岐うどん]連絡船うどんは高松駅徒歩0分です

高松に住んでいる方ならなつかしい。 初めての人は意味が分からない名前かもしれない『連

記事を読む

ad

ad

ランチブレイクというバンドに最近ハマっています

「ランチブレイク」というバンドの「温泉」という曲をたまたま耳にしてい

[チャリ日記]沙弥島と瀬居島で瀬戸内国際芸術祭2019を鑑賞

最近チャリで遠出をしていませんでした。 欲求が無かったというか

自家焙煎 プシプシーナコーヒー|夏期限定の「海辺にて」は最近のお気に入りです

もう結構前から全国区になったコーヒー自家焙煎のお店。 県外でも

肉蕎麦専門店 僕が僕であるために|ボリュームがすごい!四国初の肉蕎麦専門店

「正家」が違うお店になっていると気付いたのは、実は結構最近でした。

アイスビストロヒライ(ICE BISTRO HIRAI)|あのインスタ映えするソフトクリームパフェを食べてきました!

アイスビストロヒライ(ICE BISTRO HIRAI) 高松

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑