*

[讃岐うどん]のぶ屋|高評価の肉うどん食べてきました!

公開日: : 最終更新日:2018/07/10 今日のうどん ,

高松高校の向かいにあるうどん屋さん、

以前は「聖風うどん」さんでした。

オープン後比較的すぐ行った時に、何かの取材が入っていて、若い店主さんが話している姿を見つつ頂いたうどんはおいしかったです。

今日は「肉うどん」と「から揚げ」

肉うどんの評判が良いということはリサーチしていました。

ちなみに今年30杯目のうどんです。

「肉うどん」、これはいいですね。ウマいです!

ここに来る時には結構な頻度で頼んでしまいそうです。

天ぷらは一律100円だそうです。

行った時はお昼ど真ん中だったので全体は分かりませんが、それほど期待せずに取ったこのから揚げは結構おいしかったです。

 

お腹一杯のため近くの中央公園をふらっと散歩してみました。

何気に花見風景をと思い撮ったら、後ろの百十四銀行本店の建物の存在感がすごい(笑)

ウィキってみると、

緑色の外壁は「蔦壁」と呼ばれ、
1965年のビル竣工直前に「緑が失われていく街に、安息と四季の彩りを」の趣旨で流政之によってデザインされた。
1968年には国内の優秀な建築作品に表彰される第9回BCS賞を受賞している。
また、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築の一つにも選ばれている。
この百十四ビルは建設当時、西日本一高いビルで、1996年にコトデン瓦町ビル(73.0m)が完成するまで30年間、高松で最も高い建物であり、市中心部の象徴的存在であった。屋上にはNHK高松放送局の情報カメラが設置されている。

だそうです。

【お店データ】
のぶ屋
住所:香川県高松市番町2-4-11
TEL:087-802-1070
営業時間:11:00~14:00
定休日:日・祝
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]こんぴらや 兵庫町店の肉うどん

昨日初めて行った『こんぴらや 兵庫町店』 今日もまた行ってしまいました!(笑) 最初「釜

記事を読む

[讃岐うどん]枡うどん(ますうどん)

「枡うどん」はイオン高松東店の道を挟んだ向かいにあります。 オフィシャルHPもありました。

記事を読む

[うどん日記]一福まちなか店、吾里丸うどん2、ひさ枝

今年はこのブログ企画として、 一般的な香川県民は1年間で何杯うどんを食べるのか、ということを

記事を読む

[うどん日記]キリン、吾里丸2、さぬき麺之介

一般的な香川県民は1年間にうどんを何杯食べるのか? ボクは一般的な香川県民ではないかもしれま

記事を読む

[讃岐うどん]すえ宏|小豆島のうどん屋さんにも行ってみましたよ

「すえ宏」 ちょっと所要で小豆島に行くことになり、昼食は状況次第でした。 このお店は小

記事を読む

[讃岐うどん]こんぴらや兵庫町店のホルモンうどん

商店街にある『こんぴらや兵庫町店』に久々に行ってきました。 ここはちょいちょい来ますが、ちょっ

記事を読む

[讃岐うどん]きたのうどんは琴弾公園にある知られた名店です

琴弾公園の中にある有名なうどん屋さんです。 ネットの評判もいいですね^^ お客さんも地元

記事を読む

[讃岐うどん]情熱うどん わらく|とり天ぶっかけと期間限定たこ天ぐし

「情熱うどん わらく」 ファンの多いお店だと思います。 久しぶりにやってきました。

記事を読む

[讃岐うどん]讃岐うどん えん家|高松の商店街周辺のかしわ天1位のうどん屋さん

片原町商店街のフェリー通りに面しているところにある「えん家」 オープンは比較的新らし目で、オー

記事を読む

[讃岐うどん]善や|屋島の名店うどんの野菜天ざる

「善や」 屋島の名店と呼ばれているうどん屋さん 創業昭和54年から続き現在の店主で3代

記事を読む

ad

ad

麺麓menroku|めちゃめちゃ良質の鴨出汁ラーメン店

「麺麓menroku」 先程記事にした「松阪牛麺」と同様に大阪

松阪牛麺 西宮本店|鮮度抜群の松阪牛に熱々スープをかけて食べるラーメン!!

大阪に住んでいた時代もありますが、 離れてしまって相当経ちます

鮮魚鉄板バル MareMare(マレマレ)|魚とワインを楽しくおいしく味わえるお店

「鮮魚鉄板バル MareMare(マレマレ)」 ここは、あの

オリーブ温泉|海が見える抜群のロケーション!16種類のお風呂が楽しめる小豆島の土庄にあるスーパー銭湯

「オリーブ温泉」 小豆島の土庄にあるスーパー銭湯です。

手延べ麺お食事処 銀四郎|土庄港を出てすぐ、小豆島でそうめんが食べられるお店

「手延べ麺お食事処 銀四郎」 小豆島の名産品の1つに「そうめん

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭
PAGE TOP ↑