*

男木島ビアガーデン|このビアガーデンも今年で最後かも、と毎年聞いていますが今年も開催されています!^^

公開日: : 最終更新日:2018/08/05 男木島 ,

「男木島ビアガーデン」

どうしても夏場は忙しいので、この素晴らしい企画には行けない年もありました。

7月8月の土曜日のみ開催。

男木島の漁協が主催。

島のお母さんたちが朝から仕込んで旅人をおもてなしするという、魅力溢れるこの企画。

毎年のように「今年でこれも最後かも」と聞かされていますが、何年も続いています。

男木島ビアガーデン!サイコーっす!!

↑は2014年に行った時の記事です。この後3年間は海でその時期は働いていたので全く行けていなかったんだろうか。1回くらい行った記憶が無くもないのですが~

瀬戸内国際芸術祭が2010年に始まって、もう8年が経過し、

移住者が増えても、島の高齢化は止まらない現状があります。

女木島でもソフトバレー大会が今年限り、という話になっています。

選手をもてなすために島のお母さんたちが毎年料理をふるまってくれるのですが、それがもうしんどくなっている、というのが理由のようです。

朝のフェリーでこえび活動でオンバファクトリーに入る方が「今日は大島さんがビアガーデン当番なのでオンバカフェは閉まってる」と聞いて、「あ、もうビアガーデンはじまってるんや」と女木島の仕事を切り上げてやってきました。

14時便で行ったので閑散としていましたけど。

「たこ飯」と「たこ天」にビール

サイコーです。

昼間に買っていたパンを少し食べてしまったのでそれほどお腹はすいていなかったんです。

レギュラーラジオに電話で参加中の大島さん

この光景も何度か見ていますが、最近はちぃさんも出演しているようですね^^

「たこ天」うますぎておかわり!

ビールも!

最後はチューハイで締めようと思ったら

島のお母さんから差し入れ頂きました!

なかなか知れ渡っていないこの「男木島ビアガーデン」ですが、

男木島マニアに限らず、根強いファンがいます。

素晴らしい企画だと思いますし、可能な限り続けてほしいです。

お母さんたちもまだまだ元気ですよ^^

もうすぐカニが出てくるのかな。

8月にまた行きたいなぁ。

【お店データ】
男木島ビアガーデン
住所:香川県高松市男木町104-6
営業時間:7月8月の土曜日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[男木島アートガイド]大岩 オスカール|部屋の中の部屋

作品No.064 大岩 オスカール|部屋の中の部屋 「部屋」をモチーフにして、立体的なだまし絵の

記事を読む

OGITO -男木人-|鳥居をくぐってすぐ。男木島では貴重なテイクアウトのできるお店。

「男木島ビアガーデン」から向かったのがここ 「OGITO -男木人-」 男木島にはしばし

記事を読む

[男木島アートガイド]栗 真由美|記憶のボトル

作品No.062 栗 真由美|記憶のボトル 2013年から展開。 インスタ映えする

記事を読む

[男木島アートガイド]川島 猛とドリームフレンズ|カレードスコープ ブラック&ホワイト

作品No.057 川島 猛とドリームフレンズ|カレードスコープ ブラック&ホワイト アメリカ同時

記事を読む

男木島に『True Sleeper』のCM撮影クルーが来てましたよ^^

4/12に男木島に行ってきました!そのあたりのことは『しまのこと』に書きました。 結構自分にと

記事を読む

[男木島アートガイド]眞壁 陸二|男木島 路地壁画プロジェクト wallalley

瀬戸内国際芸術祭2019が来年4/26から始まります。 どの作家さんがどこで作品を展開するのか

記事を読む

[男木島アートガイド]レジーナ・シルベイラ|青空を夢見て

作品No.066 レジーナ・シルベイラ|青空を夢見て 島上空に広がる青い空と、瀬戸内海の波に反射

記事を読む

ad

ad

[女木島アートガイド]大竹 伸朗|女根

大竹 伸朗|女根 女木島の作品ではやはり大人気の作品。 大

[女木島アートガイド]木村 崇人|カモメの駐車場

木村 崇人|カモメの駐車場 女木島のフェリー乗り場付近の防潮堤に来ると

[男木島アートガイド]川島 猛とドリームフレンズ|カレードスコープ ブラック&ホワイト

作品No.057 川島 猛とドリームフレンズ|カレードスコープ ブラ

[男木島アートガイド]大岩 オスカール|部屋の中の部屋

作品No.064 大岩 オスカール|部屋の中の部屋 「部屋」をモチ

[男木島アートガイド]レジーナ・シルベイラ|青空を夢見て

作品No.066 レジーナ・シルベイラ|青空を夢見て 島上空に広が

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭
PAGE TOP ↑