*

頼酒店|高松の角打ちのお店はここ!たくさんのお酒が楽しめます!

公開日: : 最終更新日:2019/01/08 ダイニングバー、居酒屋 , ,

「頼酒店(らいさけてん)

「角打ち(かくうち)」とは、酒屋の店内において、その酒屋で買った酒を飲むこと。また、それができる酒屋のこと。
という意味が一般的なのでしょうか。

高松で今「角打ち」といえばこの頼酒店しかないと思われます。(合ってますかね?)

実は昔看板屋さんに勤務していた時に、とある建築士の先生から、ここのお店の見積もり依頼がきました。

当時お酒の販売のみだったお店を、角打ちスタイルにリニューアルするとのことで、見積もりの資料を見た感じではワインバーみたいな感じなのかなと思っていました。

その頃は日本酒には全く興味が無く、おそらくワインもそれほど飲んでいなかった時代だったと思います。

なので、興味はありましたが、自分が退職してしまったり、

建築関係の仕事は見積もりの数は山ほどありますが、実際に決まって仕事になるのは10%もないくらいの業界なので、

すっかり記憶の片隅にしまっていました。

先日小樽で「フェス観測会」の打ち上げをした時に、

sleepy.abの成山さんが連れて行ってくれた「小樽酒商たかの」で角打ち初体験。

「たかの」は楽しすぎるお店でした。また行きたい。

もうこの数年は日本酒もワインも大好きになっています。

その後、高松で角打ちはないのか、と調べたらこの「頼酒店」が出てきました。

このお店がある通りは、高松市役所の裏口から出て、高松駅方面に向かう人が良く利用する道になり、狭い道ですが、飲食店の数はかなりあります。

兵庫町商店街の入り口にはホテルも結構ありますし、裏通りでも賑やかな時もあります。

個人的にはどうしても商店街とかトキワ新町、ライオン通りに行くことが多いですけど。

かつて何度かここに行ってみようと思ったら早い夕方の時間でも満員大盛況だったりして、なかなかタイミングが合いませんでした。

向かって右側の扉から入ると、↑の定義にガッツリ当たるような、酒屋さんの冷蔵庫からお酒を取ってお金を払って、その場で開けて飲む、みたいなスタイル。

向かって左側から入ると↓のようなお店です。

ハートランドが350円ってうれしいですね。

まずはビールで。

入店時はオープン直後だと思いますが、先客は一名。

お店の方とお店のこととかお酒の話をしながら、夕方から飲むのはいいなぁと思いました(笑)

高知のお酒が結構ありますね。

おつまみも種類があります。

エイヒレと、2杯目はワインにしました。

ワインは特にレギュラーが決まっている訳ではないようで、一期一会です。

がんこおやじの手造りわいん (2017年) (赤)
通称=ヴィンテージがんこ、またはがんこの2017年

この「仲村わいん工房」のワイナリーは先代が、
1988年 65歳の時に突然「ワイン造りを始める」と宣言して大阪の羽曳野地区の山奥に5000㎡もの畑を開墾したそうです。

そんな話を聞くとよりおいしく飲めますよね。

結構このワイン気に入りました。日本のワインのお気に入りは今まで特に無かったです。

世の中にたくさんあるワイン。その中でたまたま出会うっていうのは運命ですよね。

たいていは酔っ払って覚えてなかったり、そのときはワインの気分じゃなかったり。

また飲みたいし、ワイナリーも行ってみたいなぁと思いました。

続いて日本酒に。

高知のアリサワ酒造の「文佳人」

おそらく飲むのは初めてです。

そして続いて3種飲み比べも

金陵白こうじ仕込純米吟醸原酒(香川)

三芳菊 限定黒猫ラベル(徳島)

美丈夫 純米吟醸純麗たまラベル(高知)

全部おいしかったなぁ。

ラベルもステキ^^

なかなか説明できるほど専門知識も語彙力もないのがイヤなんですけど~

そして今回の〆に「琥珀の時間」を。

奥にいた奥さんが差し入れを。

昔ここの見積もりしたんですよ~みたいな話をしました。

今回は探りの感じで行ったのですが、すっかり遅くまで飲んでしゃべって、楽しい時間でした。

スッカリ暗くなりましたね(笑)

飲んだお酒は全部おいしかったです!^^

時々店内がパンパンになっているのはやはり市役所の方が連れ立って来る時があったそうで、そのタイミングに行ってしまったようです。

最近夕方頃から飲めて、早めに終われる飲み方がいいのかなと思って、そういうお店も開拓していきたいなぁと思っています。

2018年6月6日に行った時の写真

「国重」の新酒が届いたので感想を聞かせてとママより。

おいしかったです。

【お店データ】
頼酒店
住所:香川県高松市磨屋町7-1
TEL:087-821-5876
営業時間:16:30~21:30
定休日:土日祝日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

ビストロエスポワール|日替わりランチ「ビストロ風ハンバーグ」

「ビストロエスポワール」 なかなかタイミングが合わず、ランチはようやく2回目の訪問となりまし

記事を読む

白蓮|激辛ラーメンが食べられる居酒屋さん

「白蓮」 32号線沿いの西山崎町にあります。 街中から外れており、行くなら車か送迎がな

記事を読む

森國酒造 CAFE & BAR|小豆島で唯一の酒蔵。小豆島の輝がおいしかった^^

小豆島ツアーで「まめまめびーる」の次に訪れたのは 小豆島唯一の酒蔵「森國酒造」 その後に隣接する

記事を読む

れんげ料理店|高松のうらたまにあるステキな隠れ家的レストランです!

「れんげ料理店」 旧店名【喰くう/kuu kuu】の頃は大学生のお客さんが多かった印象があり

記事を読む

Dining minno(ミンノ)|西宝町で飲むならここ!

「minno(ミンノ)」 西宝町で先輩がやっているお店です。 8月8日が何と9周年ということで行

記事を読む

高松西の丸 ススム酒場|高松駅近くのリーズナブルだけどそれだけじゃない居酒屋さん

「高松西の丸 ススム酒場」 高松駅を出て右方向を見ると「ミニストップ」見えます。 その一

記事を読む

まめまめびーる|「小豆島×ビール=___」小豆島産クラフトビール工場&bar

「大阪屋」を後にして向かったのが、「まめまめびーる」 ここも前回来た時は定休日で入れなかったのです

記事を読む

北の幸炉ばた|ライオン通りの炉ばた焼屋さん

名古屋から尾の内くんが遊びに来て、夜飲みに行こうという話になりお店を予約しようとしたのですが、GWの

記事を読む

そば酒房 緒川|おそばもですが、野菜が感動するくらいおいしいお店

「そば酒房 緒川」 高松市美術館の近く、「一鶴」の前の通り、「コーヒールームミニ」のナナメ前

記事を読む

チャンポン慶造|片原町にできた元黒船屋の慶造さんのチャンポン屋ようやく行けました!

ようやく行くことができました!「チャンポン慶造」 オープン前からみんながインスタで上げ

記事を読む

ad

ad

麺麓menroku|めちゃめちゃ良質の鴨出汁ラーメン店

「麺麓menroku」 先程記事にした「松阪牛麺」と同様に大阪

松阪牛麺 西宮本店|鮮度抜群の松阪牛に熱々スープをかけて食べるラーメン!!

大阪に住んでいた時代もありますが、 離れてしまって相当経ちます

鮮魚鉄板バル MareMare(マレマレ)|魚とワインを楽しくおいしく味わえるお店

「鮮魚鉄板バル MareMare(マレマレ)」 ここは、あの

オリーブ温泉|海が見える抜群のロケーション!16種類のお風呂が楽しめる小豆島の土庄にあるスーパー銭湯

「オリーブ温泉」 小豆島の土庄にあるスーパー銭湯です。

手延べ麺お食事処 銀四郎|土庄港を出てすぐ、小豆島でそうめんが食べられるお店

「手延べ麺お食事処 銀四郎」 小豆島の名産品の1つに「そうめん

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭
PAGE TOP ↑