*

[讃岐うどん]麦蔵は宮崎地鶏のかしわざるがサイコーです

公開日: : 最終更新日:2017/10/05 今日のうどん , , , ,

DSC_0569

とり天が好き!!

 

久しぶりに昨日行こうと思って一昨日から楽しみにしていた麦蔵。

チャリで出発してまぁまぁ進んだところで財布を忘れたことに気付く。ポケットの小銭は300円くらい。
老いたなぁと嘆きつつ、再出発すると打ち合わせの予定に遅れてしまう可能性があったため泣く泣く断念。

麦蔵は一時期かしわ天にハマり過ぎてしょっちゅう通ってたのですが、生活環境が変わって足が遠のいていました。宮崎地鶏を使っていて揚げたてが出てくるのでホンマにおいしいんです。

今日は開店直後に行きました!ここの周辺に用事ができることはほぼ無く、事務所からだとチャリで20分くらいなのですが、わざわざ行く価値はあります。昨日のことがあったので尚更楽しみにしていました。

写真はかしわざるの大。かしわ天が目立ってしまいますが、うどんもバツグンです。つけ汁がうまいんですよ。

 

ハタジ的まとめ

 

昔はペロッと大で食べてたんですが、体重は減ってないはずなんですけど、しんどくなってきましたね~。

若い頃は肉ぶっかけ、みたいなガッツリ系を頼むことが多かったのですが、
年齢とともに普通にかけを頼むことが多くなりました。

でも、とり天とか、とり天カレーとかは急にスイッチが入っちゃいますww

久しぶりでしたがやはり感動するくらい美味かった。明日も行こうかな。

 

【お店データ】
麦蔵(むぎぞう)
住所:香川県高松市福岡町1-482-5
営業時間  11:00~14:00  18:00~20:00(日・祝は昼のみ営業)
定休日木曜

(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]ゴッドハンドの肉ぶっかけ、瀬戸芸限定ビールも置いてあった

地上最強のウドン・ゴッドハンド 久しぶりに入りました。 普段うどん屋でビールを飲むことは

記事を読む

[讃岐うどん]うどん番長のとり天ぶっかけ

※2017年2月閉店しています 通りかかることはちょいちょいあるのですが、なかなか行けなかった

記事を読む

[讃岐うどん]うどん職人 さぬき麺之介 早速再訪肉うどん

今年4杯目、5.5玉目のうどんは 「うどん職人 さぬき麺之介」 しかも中一日、今年初リピート

記事を読む

[讃岐うどん]マルタニ製麺、大好きなうどん屋ができました!

この「マルタニ製麺」がある円座って 特に用事がないと立ち寄ることがなかったのですが、 これからは

記事を読む

[讃岐うどん]釜揚げうどん 岡じま 高松店  肉うどん

今年6杯目、9.5玉目のうどんです。 「釜揚げうどん 岡じま 高松店」 頼んだことないや

記事を読む

[讃岐うどん]こんぴらや兵庫町店のホルモンうどん

商店街にある『こんぴらや兵庫町店』に久々に行ってきました。 ここはちょいちょい来ますが、ちょっ

記事を読む

[讃岐うどん]麦香(ばくか)インスタで知ってずっと行きたかったうどん屋さん。味もバッチリでした!

「麦香」 「ばくか」と読みます。 知ったのはインスタです。 味とかメニューのことよ

記事を読む

[讃岐うどん]釜揚げうどん 岡じま 高松店 温玉肉ぶっかけ

高松駅から徒歩でもすぐ行ける場所にあります。 「釜揚げうどん 岡じま 高松店」 メニュー

記事を読む

[讃岐うどん]一福 まちなか店

四国新聞にこの南新町近辺のうどん戦争の記事が載っていました。 「たもや女道場」からまぁ「正家」

記事を読む

[讃岐うどん]うどん棒本店

街中にある老舗うどん店「うどん棒」 たまに行きますが、夜に何人かで行く、みたいな使い方が多いで

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ad

カフェ・デュース|テニスクラブ併設のカフェ。桜の時期はめっちゃキレイなはず

カフェデュース(cafe DUCE) 屋島テニスクラブに

パーラーエメラルド|古民家を改修したステキカフェ。チキン南蛮うまし

先日「茎」に行った時に発見したフライヤー 「コロッケのテイクアウ

シウンカフェ|地元で普段使いできるいいカフェです!

シウンカフェ(SHIUN CAFE) 香川大学に通じる道、紫雲中

チャンポン慶造|片原町にできた元黒船屋の慶造さんのチャンポン屋ようやく行けました!

ようやく行くことができました!「チャンポン慶造」 オープ

はるおさんただ(Haruo Santada)|本日はオヤマルチャーシューメン!

何やかんやで2回目の訪問です。 「はるおさんただ(Haruo S

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭
PAGE TOP ↑