*

おおみねのうどん屋さん|小豆島にも「さぬきの夢」を使ったうどん屋さんがあります!

公開日: : 最終更新日:2019/02/05 今日のうどん, 小豆島 ,

小豆島で用事があり、待ち合わせは12時半。

9:55の高松発土庄行きに乗って、待ち合わせの前後は状況で決めよう、ということにしていました。

フェリーの中でgoogle mapを見ていて、土庄港周辺に気になるこのお店を発見。

食べログを見ても評価は上々。

ここは「さぬきの夢」を使っているお店だそうです。

ちなみに「さぬきの夢」 とは、さぬきうどんのために香川県で研究開発された小麦です。

お昼ごはんのことは考えていなかったので、じゃあ行ってみようと歩いて向かいました。

地図と、遠くからでも湯気が上がっているのが見えていたので大体の場所は分かっていたのですが、 ちょっと遠回りをしてしまいました。

公園をぐるっと周ってようやく到着。

へ~冷凍うどんを作っている会社のやっているうどん屋さんなんですね。

しかも香川県知事賞を受賞しているようです。

直前まで素麺の製麺所のやっているうどん屋さんだと思っていました。

「小豆島 麺匠 おおみね」

このお店の真横に会社の事務所がありました。

「かつおしょうがうどん」記事を書いていて気になりました。

これは次回試してみたいです。

「長命草さぬきうどん」は冷凍の商品にもありました。 麺が緑色です。

与那国島が発祥の地。長寿の秘訣ともいわれている「長命草」を2012年より小豆島で試験的に栽培し成功しました。 美容効果に欠かせない成分ポリフェノールがゴーヤの8倍も含まれています。小豆島特産で有名なオリーブオイルと比べてもより多くのクロゲン酸類やルチンが豊富に含まれています!長命草は美容効果はもちろん消化器系の健康維持にも注目されている薬草です。 そんな長命草を使ったうどんができました!!! 小麦も国産の小麦を使用しております。 健康に気をつかうこの時代だからこそ選んでいただきたいうどんです。


今回は迷うことなく「肉うどん」

ワカメたっぷりのイリコ出汁。

飲み干すくらいおいしいです。

肉は噛み応えあり。麺もバッチリ。

エビの天ぷらはプリプリ。

合計640円。

小豆島に来てまでうどん?とも思いますが、ここはなかなかレベルが高い。

開店直後に行きましたが、地元の方がどんどんやってきました。

小豆島内にもうどん屋さんはまだまだありますが、土庄エリアではぜひここはチェックしてみてください。

【お店データ】
おおみねのうどん屋さん
住所:香川県小豆郡土庄町甲5164
TEL:0879-62-1147
営業時間:11:00~14:00
定休日:水曜日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

しんぺいうどん|ずっと気になっていたとり天丼

「しんぺいうどん」 田町商店街にあるうどん屋さん。 夜営業もやっているし、メニューが普

記事を読む

[讃岐うどん]手打ちうどんまつばら|角煮うどん!

ようやく「まつばら」に行くことができました♪ かしわ天の有名店「麦蔵」で修行されたご主人が高松

記事を読む

[讃岐うどん]大吉|北浜近く、城東町近くの安定のうどん屋さん

あるのは知っていたのですが、なかなか機会が無かった「大吉」 「肉うどん」がおいしいと聞いてよう

記事を読む

[讃岐うどん]麺匠 くすがみ

「麺匠 くすがみ」 「二刀流 釜からどん」が移転して、2016年9月10日に屋号を変えてオープンし

記事を読む

[讃岐うどん]さぬき麺業でオリーブハマチ生じょうゆうどんを食べました!

ようやく食べてきましたよ! 「オリーブハマチうどん」 オリーブハマチって? オリーブハマチ

記事を読む

梅本水産|小豆島の福田港名物の穴子丼

「梅本水産」 小豆島の福田港にあるお土産屋さん&お食事処です。 姫路と福田を結ぶフェリ

記事を読む

森國ベーカリー|酒米の米粉を使った小さなコッペパン、浸しコッペがウマすぎる!!

「森國ベーカリー」 「森國酒造」もですが、存在はもちろん知っていましたが、初めての訪問。

記事を読む

[讃岐うどん]セルフうどん 正家、のぶ屋、たも屋女道場、高松市中心部の3店舗まとめてどうぞ

今年は食べたうどんについては全てこのブログに残していこうと思っています。 去年に関しては同じ店

記事を読む

[讃岐うどん]さぬき麺業 兵庫町店|とり天ざる

「さぬき麺業 兵庫町店」 兵庫町商店街の中にあり、 営業時間も朝10時から夜9時までとと

記事を読む

[讃岐うどん]麺処 綿谷 高松店|肉釜玉&スペシャルぶっかけ

「麺処 綿谷 高松店」 南新町商店街は結構なうどん激戦区、というかランチ激戦区ですが、おそらくお昼

記事を読む

ad

ad

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑