*

SUP始めます~

公開日: : 最終更新日:2015/11/10 BEACH SIDE LIFE, SUP

去年の秋に遅ればせながらSUPに出会いました!

SUPはスタンドアップパドルボードのことで、
大きいサーフボードに立って乗り、パドルで漕ぐスポーツです。
ハワイが発祥の地なんですかね。

ここ数年で日本でも愛好者が増えてきていますし、
ボクの周りでもFacebookなどでやっている画像を目にする機会が多くなりました。

小さい子供を乗せたり、犬と一緒に、とか釣りしてる、とかSUPヨガも流行ってきてますね^^

DSC_2378

比較的簡単にできることや、パドルを漕ぐので腹筋が引き締まる、という効果もあり、
女性や高齢の方でも始めやすいスポーツだと思います。

瀬戸内海は波が穏やかなのでサーフィンをやろうと思うと徳島、高知あたりに行くのが普通なのですが、
SUPは波が全く無くても大丈夫ですので、池でも川でも楽しめます。

 

ではSUPをやるのに必要なものは

ボード、パドル、リーシュコードです。
リーシュコードというのは足とボードをつないでおくコードですね。
夏場だと水着とかでもいいですが、それ以外だとウエットスーツがあったほうがいいかも。
あとは、救命胴衣だったり、水に濡れるのを防ぐ携帯カバーとか。

DSC_0051

ボードとパドルはセットで、15万円くらいあればそこそこのものが買えますよ。
DSC_0198
こういったインフレータブル(空気で膨らますタイプ)は収納には困りませんね^^

 

クルマのシガーソケットで使えるエアーポンプも8000円くらいで買えるようで便利ですよ。

SUPの楽しみ方はもちろん人それぞれですので、
その日の気分や状況で色々判断したらいいと思うのですが、
やはり仲間って大切だと思います。

特に始めたばかりの時はスクールに入ったり、上級者に連れて行ってもらうのがいいですね。
1回2回そんな感じでやってみてボードを買うかを決めたらいいのかなと思います。
ボードをレンタルできるところもありますし。

数人でBBQしながらボードを使い回す、とかいいですよね。
SUPはボードに立たなくても、膝立ちとか正座スタイルだとほぼほぼ海に落ちることはないので
全く濡れないことも可能です。
DSC_2450

ハタジ的まとめ

SUPをやりに来た同級生に山田海岸で再会したのですが、
相当ガチでやっていて、休みごとに四国の色んな海に行っています。
海は危険なので、身を守るためにとムキムキですw

瀬戸内海は穏やかですが、
潮の急変だったり、色んな危険が海にはあります。
山の遭難と海の遭難は扱いが違うという話を聞きました。
山だと生きている可能性があるため、ギリギリまで捜索してくれるそうですが、
海が荒れた場合の遭難はほとんど生存確率が低いため捜索を切り上げて翌日に回すこともある、という話でした。
怖いですね。

ぜひ安全をしっかり考慮した上で楽しみましょうね!^^

でもSUPは相当楽しいです。ウチでもボードレンタルやってますし、気になる方はぜひ連絡くださいね!

 

ad

関連記事

サーファー新年会に参加してきました!

Beach House YAMADAの小西オーナーが経営するサーフショップKEENの新年会に参加して

記事を読む

SUPの初インストラクターやってきました~

今年からSUPスクールが始まります!山田海岸です! Beach House YAMADAとは別

記事を読む

無人島で遊ぼう!瀬戸内DAYOUT2016

無人島アウトドア・アクティブティ、ワークショップ、地元の食の2DAYS 香川県三豊市仁尾町にあ

記事を読む

今年3回目のSUP@山田海岸

先日今年3回目のSUPに行ってきました! この夏前からSUPスクールの開催のために上達しなけれ

記事を読む

BEACH SIDE LIFEの始まり

Lightning(ライトニング)という雑誌はご存知でしょうか? ウィキペディアより、タレントの所

記事を読む

ad

ad

今年の自分への誕生日プレゼントは3つのアレにしました!

12/11が誕生日です! もうそんなにうれしいとは思わないけ

スーズカフェ (Su’z Cafe)のアイスナン ベリーソース

久しぶりの「スーズカフェ (Su'z Cafe)」 いや、実は今

「讃岐らーめん はまの」の釜玉ラーメン!

今日は「地域づくりチャレンジ塾」の4期生のりーたんが 「国分寺クリス

松山に来ると「duet(でゅえっと)」のミートソースパスタが食べたくなりますね~

松山は日帰りができてしまうので、泊まることがあまりなくて、 ほとんど

[讃岐うどん]カマ喜ri(カマキリ)限定15食の肉ぶっかけ

久しぶりに来ました。「カマ喜ri(カマキリ)」 いつぶりかという

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭
PAGE TOP ↑