*

[讃岐うどん]のぶ屋|高評価の肉うどん食べてきました!

公開日: : 最終更新日:2018/07/10 今日のうどん ,

高松高校の向かいにあるうどん屋さん、

以前は「聖風うどん」さんでした。

オープン後比較的すぐ行った時に、何かの取材が入っていて、若い店主さんが話している姿を見つつ頂いたうどんはおいしかったです。

今日は「肉うどん」と「から揚げ」

肉うどんの評判が良いということはリサーチしていました。

ちなみに今年30杯目のうどんです。

「肉うどん」、これはいいですね。ウマいです!

ここに来る時には結構な頻度で頼んでしまいそうです。

天ぷらは一律100円だそうです。

行った時はお昼ど真ん中だったので全体は分かりませんが、それほど期待せずに取ったこのから揚げは結構おいしかったです。

 

お腹一杯のため近くの中央公園をふらっと散歩してみました。

何気に花見風景をと思い撮ったら、後ろの百十四銀行本店の建物の存在感がすごい(笑)

ウィキってみると、

緑色の外壁は「蔦壁」と呼ばれ、
1965年のビル竣工直前に「緑が失われていく街に、安息と四季の彩りを」の趣旨で流政之によってデザインされた。
1968年には国内の優秀な建築作品に表彰される第9回BCS賞を受賞している。
また、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築の一つにも選ばれている。
この百十四ビルは建設当時、西日本一高いビルで、1996年にコトデン瓦町ビル(73.0m)が完成するまで30年間、高松で最も高い建物であり、市中心部の象徴的存在であった。屋上にはNHK高松放送局の情報カメラが設置されている。

だそうです。

【お店データ】
のぶ屋
住所:香川県高松市番町2-4-11
TEL:087-802-1070
営業時間:11:00~14:00
定休日:日・祝
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[うどん日記]2018年は「ひさ枝」「しんせい2号店」で締め!幸運のうどんタクシーも目撃して今年のうどん旅は無事終了しました!

今年2018年はこのブログの企画として、食べたうどんを全て記事にしていこうと思いここまでやってきま

記事を読む

[讃岐うどん]釜あげうどん 長田 in 香の香(ながた いん かのか)

県外のお客さんを連れて、西の方へうどんツアーに行くなら、 ここが一番目かなぁ 「釜あげうどん 長

記事を読む

[うどん日記]120杯到達。セルフうどん 天狗、たも屋 女道場、手打ちうどんますや

普通の香川県民が普通に暮らすと普通にうどんを何杯食べるのかを 今年計測しています。 普

記事を読む

[讃岐うどん]植田うどんの肉ぶっかけ

高松三越の近くにある「植田うどん」 今日は「肉ぶっかけ」を食べに行こうと決めていました。

記事を読む

[讃岐うどん]手打ちうどんますや|めっちゃおいしい極太麺

「手打ちうどんますや」 高松市春日町の新川沿いにあるうどん屋さん、 新川沿いというとラ

記事を読む

[讃岐うどん]麺処まはろ

津田寒川ICの近くにあるお店です。 香川県主催の「さぬきうどん技能グランプリ」で度々入賞してい

記事を読む

[うどん日記]エコぽん太、めりけんや 高松駅前店、森製麺所

もうこのうどん日記も終盤に入ってきました。 うどん100杯は越えてきましたが、今のペースだと

記事を読む

[讃岐うどん]風月|定番のかしわ天うどん

「風月」 久しぶりに行ってきました。 街中のうどん屋さんで、大人気のお店です。

記事を読む

おおみねのうどん屋さん|小豆島にも「さぬきの夢」を使ったうどん屋さんがあります!

小豆島で用事があり、待ち合わせは12時半。 9:55の高松発土庄行きに乗って、待ち合わせの前

記事を読む

[讃岐うどん]麺処 綿谷 高松店|初の肉カレーうどんと定番のスペシャルぶっかけ

「麺処 綿谷 高松店」 4/11訪問(今年37杯目)、4/16訪問(今年38杯目) 高松の南新

記事を読む

ad

ad

超おにぎり屋

今年の5/30にオープンしたおにぎり屋さん。 高松では老舗のお

かねすえ丸亀町壱番街店|噂のわらび餅ドリンク 和三盆糖蜜入りを飲みました!

正式名称は「わらび餅屋さんの モッチモチのプルンプルンのタピオカ風わ

セトノウチ 島メシ家|オリーブ牛ローストビーフ3種食べ比べ定食

小豆島の土庄エリアにある「MeiPAM」の「セトノウチ」というエリア

ここから|南新町にできた山盛り唐揚のお店

南新町商店街にできた山盛り唐揚のお店「ここから」 場所は「瀬戸

あき山|高松で天丼と言えばここ。海鮮丼もサイコーです。

亀井町にある「あき山」 天丼目当てでたまに行きます。 お

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑