*

[讃岐うどん]麺処 綿谷 高松店|肉釜玉&スペシャルぶっかけ

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 今日のうどん ,

「麺処 綿谷 高松店」
南新町商店街は結構なうどん激戦区、というかランチ激戦区ですが、おそらくお昼時はここが一番回転しているのではないかなぁと思います。

ボクが行く時はランチタイムよりも前の時間帯が多いです。
並ぶのがキライなのですが、仮に並んでもストレスがない待ち時間です。

このあたりはたくさんの会社がありますので、お昼休み1時間という休憩時間内で、行って帰ってを完了させないともちろん安心して行けませんよね。

そしてコスパがとてもいいお店だと思います。
頼むのはほとんど肉メニューですが、気軽にお肉をガッツリ食べられていつも満足します^^

とりあえず近い時期に2回行きましたのでまとめてどうぞ。

5/2肉釜玉

ちなみにこれが今年45杯目のうどんです。

ここの「肉釜玉」にもすっかり慣れてきました。

あの行列を捌くたくさんの店員さんの布陣をちょっとかき回してしまうのが「釜玉」系のメニューですので、できあがると呼んでくれる感じになります。

5/11スペシャルぶっかけ

もう丸亀のお店も入れると何回食べたか分からんくらい頼みまくっています。

牛&豚肉と温玉の組み合わせ。

丸亀にしかなかった時代は、まだ若かったこともあり、わざわざここを遠くてもルートに組み込んでいました。

商店街にできてよかったなぁ^^

ちなみにこれが今年46杯目のうどんです。

 

【お店データ】
麺処 綿谷 高松店
住所:香川県高松市南新町8-11
TEL:087-813-1993
営業時間:9:30~14:30 (L.O.14:15)
定休日:日曜
公式サイト:http://www.maruwa-wataya.com/
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]吾里丸うどん2人気店が復活しました!

昨年12月全身となる「吾里丸うどん」が残念ながら閉店となりました。 新聞に閉まる前に出るくらい

記事を読む

[讃岐うどん]えん家に再び!かしわ天ざる&鶏皮揚げ

「えん家」さんはNude Supperclubの系列のようですね。 2回目の訪問です。

記事を読む

[うどん日記]今年100杯突破!正家、森製麺所、セルフうどん キリン3店訪問記

夏場が終わってくると高松にいる機会が増えてきます。 島にいるとなかなかランチがうどんというこ

記事を読む

[讃岐うどん]麺処 綿谷 高松店|初めて頼んだ「肉釜玉」にも大満足&大満腹

高松の南新町商店街内にある大人気うどん店「麺処 綿谷 高松店」 人生の中で「スペシャル」という

記事を読む

ちく泉|新メニューの炙りチーズカレーうどん食べてきました

「ちく泉」は高松市の錦町にあります。 高松商工会議所の通りにあり、高松駅からも少し距離はあり

記事を読む

[讃岐うどん]うどん番長のとり天ぶっかけ

※2017年2月閉店しています 通りかかることはちょいちょいあるのですが、なかなか行けなかった

記事を読む

[讃岐うどん]さぬき麺業でオリーブハマチ生じょうゆうどんを食べました!

ようやく食べてきましたよ! 「オリーブハマチうどん」 オリーブハマチって? オリーブハマチ

記事を読む

[讃岐うどん]しんぺいうどん|ひやとり

「しんぺいうどん」 久しぶりの訪問になりました。 今日は表の看板を見て「ひやとり」にしま

記事を読む

[讃岐うどん]かわたうどん|高松空港近くの観光客にも地元にも支持高い老舗店

塩江に用事があって、お昼をどこにしようかなぁと思っていた時に前を通りかかったこのお店。 「かわ

記事を読む

[讃岐うどん]大島うどん|試してみたいメニューがいっぱい^^

「大島うどん」 人気のうどん屋さんです。 うどん情報多めの インスタをやっている知り合

記事を読む

ad

ad

頂|西日本で唯一、生で食べれるジンギスカンのお店です!

生肉で食べられるジンギスカンのお店があると聞いていて、ずっと行きたか

ランチブレイクというバンドに最近ハマっています

「ランチブレイク」というバンドの「温泉」という曲をたまたま耳にしてい

[チャリ日記]沙弥島と瀬居島で瀬戸内国際芸術祭2019を鑑賞

最近チャリで遠出をしていませんでした。 欲求が無かったというか

自家焙煎 プシプシーナコーヒー|夏期限定の「海辺にて」は最近のお気に入りです

もう結構前から全国区になったコーヒー自家焙煎のお店。 県外でも

肉蕎麦専門店 僕が僕であるために|ボリュームがすごい!四国初の肉蕎麦専門店

「正家」が違うお店になっていると気付いたのは、実は結構最近でした。

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑