*

パーラーエメラルド|テイクアウトプリンがはじまっていました!エビフライ定食うまし。

公開日: : 最終更新日:2019/01/07 カフェ・喫茶店 ,

「パーラーエメラルド」

新年一発目のご飯はここにしました!

場所は高松の中心部から少し離れていますが、「屋島陸上競技場(屋島レグザムフィールド)」の裏側にあります。

久しぶりの訪問となりましたが、もうここは以前にも増して人気店になっています。

このブログでも以前書いたこの記事がなかなかのアクセス数です。


訪問時は12時過ぎ。

既に「ササミチーズカツ」は終了しているとのことでしたが、代わりに「エビフライ」があるとのことでそれにしました。

お一人様なら運よくカウンターなら空いているとのこと。

グループは食べ終えて出るときにはまだ数組待ちが出ていました。

エビフライ4尾、エビフライの下にタルタルソースが隠されていました^^

底に大きなキャベツみたいなものが入っていました。

食べるとお餅。

エビと共にお正月感が出てうれしい^^

ファミリー客や女性グループ、カップル、とにかくギッシリで店内の写真は今日は撮りませんでした。

自家製プリンとドリンクが付いて1000円

ごはんの大きさは大中小で選べます。

お、「PRKagawa」にも取り上げられていましたね。

編集者のやまじぃさんもよく来られているお店です。

なんとテイクアウトコロッケに続き、テイクアウトプリンもありました。

せっかくなので頂きました。

「ササミチーズカツ」も次回食べてみたいです。

【お店データ】
パーラーエメラルド
住所:香川県高松市屋島中町429-3
TEL:087-887-9741
営業時間:11:00~18:00
定休日:水・日曜日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

暮らしの森と移転したあめつち珈琲にようやく行ってきました~

「暮らしの森」と移転後の「あめつち珈琲」 廃校グルーヴ2015の前に前身の「BOUTON」でこ

記事を読む

栗林公園ライトアップが想像以上に幻想的でステキでした!ガーデンカフェ栗林のスペシャルメニューもおいしかった^^

特別名勝 栗林公園 秋のライトアップに初めてやってきました! 紅葉のライトアップをやっているこ

記事を読む

いちご家|豊島のいちご農家 「多田農園」直営のスイーツショップ

豊島に行った際はフェリーに乗る前に寄りたい場所ではありますが、タイミングが合わないこともよくあります

記事を読む

井上誠耕園カフェレストラン忠左衛門|とにかく絶景!オリーブをたっぷり使ったステキレストラン

「カフェレストラン忠左衛門」 前回11月に紅葉を見に来た時に、移転したことを知りました。

記事を読む

60年の幕を閉じる伝統の白樺のカレー

これまで全く接点のなかったお店に急に行きたいと思う理由。 閉店と、SNSで知り合いが上げていたウマソ

記事を読む

Cafe Ta蔵(たくら)、三豊の蔵を改装したカフェ

またフラれてしまいましてん 「ガーンヴ ラバーリ(gaouv rabari)」 昨年末頃に行

記事を読む

スーズカフェ (Su’z Cafe)のアイスナン ベリーソース

久しぶりの「スーズカフェ (Su'z Cafe)」 いや、実は今日は7段重ねのパンケーキを食べ

記事を読む

こころからカフェ | 大学生が運営する限定カフェに行ってきました~

「地域づくりチャレンジ塾」仲間の「学生団体cocokara&地域の家ココカラハウス」が今だと月に2日

記事を読む

ねこカフェ肉灸|トキワ街の人気ネコカフェ、サラ店長に遊んでもらいました^^

何やかんやで人生初のネコカフェに行ってきました。 以前ライオン通りにあったお店がトキワ街に移転

記事を読む

南珈琲店のモーニングはお得!

「南珈琲店」はちょいちょい行きますが、モーニングは未経験でした! 食べログで営業時間を調べよう

記事を読む

ad

ad

頂|西日本で唯一、生で食べれるジンギスカンのお店です!

生肉で食べられるジンギスカンのお店があると聞いていて、ずっと行きたか

ランチブレイクというバンドに最近ハマっています

「ランチブレイク」というバンドの「温泉」という曲をたまたま耳にしてい

[チャリ日記]沙弥島と瀬居島で瀬戸内国際芸術祭2019を鑑賞

最近チャリで遠出をしていませんでした。 欲求が無かったというか

自家焙煎 プシプシーナコーヒー|夏期限定の「海辺にて」は最近のお気に入りです

もう結構前から全国区になったコーヒー自家焙煎のお店。 県外でも

肉蕎麦専門店 僕が僕であるために|ボリュームがすごい!四国初の肉蕎麦専門店

「正家」が違うお店になっていると気付いたのは、実は結構最近でした。

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑