*

手延べ麺お食事処 銀四郎|土庄港を出てすぐ、小豆島でそうめんが食べられるお店

公開日: : 最終更新日:2019/02/05 ラーメン、その他麺類, 小豆島 ,

「手延べ麺お食事処 銀四郎」

小豆島の名産品の1つに「そうめん」があります。

小豆島にはたくさんの製麺所がありますが、「そうめんは家で食べるもの」という慣習というか風土があるようで、島内でそうめんを食べられるお店は昔はなかったようです。

「瀬戸内国際芸術祭2010」の時に作品の近くでお店で食べた記憶がありましたが、それは一時のことだったようです。

そんな話を聞いていたので、今もそうなのかと思っていましたが、「おおみねのうどん屋さん」でうどんを食べて、港まで戻ってきた時に「お食事処」の旗が目に入ってきました。

パッとネットで調べてみると「銀四郎麺業」が2016年の瀬戸内国際芸術祭に合わせて、ここにお食事処を作ったそうです。

「さっきのうどん一玉にしといて良かったぁぁ」という訳の分からぬ自己弁護にてそうめん食います!

注文はショップのレジのところで食券を購入するシステムです。

ちなみにメニューは

【メニュー】
そうめん「銀四郎めん」 500円(大盛り+100円)
黒胡麻そうめん 600円(大盛り+200円)
オリーブそうめん 600円(大盛り+200円)

オリーブサイダー 200円
醤油サイダー 200円
ノンアルコールビール 400円
ソフトクリーム 300円
ソフトクリーム(オリーブオイルトッピング)380円
オリーブサイダーフロート 400円

【あったかメニュー】
にゅう麺 500円
きつねにゅう麺 ※冬季限定 550円
手延べうどん ※冬季限定 500円
手延べきつねうどん ※冬季限定 550円

ちなみに「にゅう麺」とは、手延べ素麺の製法をそのままに「打つ」のではなく、「延ばした」うどんのことだそうです。

「オリーブそうめん」にしました!

「東洋オリーブ」とコラボしたメニューだそうです。

薬味を入れて、席のところに置いてある胡麻をたっぷり入れて

一気にすする!

おいしいし、やはりお店で食べられるのはうれしいです。

あっ、

たまに タイミングが合えば見ているNHK四国の番組「ぐるっと四国[新] 軽四キャンピングカーがゆく」 蟹江一平 さんが来ていたようですね~

1/25の放送だったようで、残念ながら見逃していました。

ショップは時間が無くてじっくりチェックできなかったのですが、お土産選びにもよさそうです。

【お店データ】
手延べ麺お食事処 銀四郎
住所:香川県小豆郡土庄町甲5165番地94
TEL:0879-62-1868
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

らーめん工房りょう花 高松東店|定番の贅沢のせ塩らー麺

よくこのお店の前は通るのですが、ようやく初めて入りました。 愛媛県発祥のラーメンチェーン店のよ

記事を読む

讃岐タンメン いち瑠は野菜たっぷりいりこ入りダシさぬきの夢2009使用

ここは「欽山製麺所 (きんざんせいめんじょ)」の店主がプロデュースしているそうです。 「タンメ

記事を読む

森國酒造 CAFE & BAR|小豆島で唯一の酒蔵。小豆島の輝がおいしかった^^

小豆島ツアーで「まめまめびーる」の次に訪れたのは 小豆島唯一の酒蔵「森國酒造」 その後に隣接する

記事を読む

ミラノのおかず屋さん【ランチ】に超久々に行ってきました!

瓦町駅近辺で打合せで使えそうなランチのお店を探していました。 よくあるのがうどんからのドトールとか

記事を読む

らぁ麺すずむし|南新町の優しいスープのラーメン屋さん

「茎」のメグちゃんと色々と情報交換した際に出てきたお店 確か以前は「QBHOUSE」で

記事を読む

「讃岐らーめん はまの」の釜玉ラーメン!

今日は「地域づくりチャレンジ塾」の4期生のりーたんが 「国分寺クリスマスマーケット」を開催している

記事を読む

オリーブ温泉|海が見える抜群のロケーション!16種類のお風呂が楽しめる小豆島の土庄にあるスーパー銭湯

「オリーブ温泉」 小豆島の土庄にあるスーパー銭湯です。 香川や

記事を読む

[讃岐うどん]すえ宏|小豆島のうどん屋さんにも行ってみましたよ

「すえ宏」 ちょっと所要で小豆島に行くことになり、昼食は状況次第でした。 このお店は小

記事を読む

チャンポン慶造|サイドメニューのからあげもウマかった^^

何やかんやで最近ちょこちょこ寄るようになった「チャンポン慶造」 片原町駅近くの線路に面した場所

記事を読む

土庄の池本芳栄堂の生シュークリームと「目」の受付に行ったお話

「しまのこと」でこえび隊でMeiPAMエリアの「目」の受付に行った話を書きました! そしてよう

記事を読む

ad

ad

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑