*

[讃岐うどん]すえ宏|小豆島のうどん屋さんにも行ってみましたよ

公開日: : 最終更新日:2018/12/30 今日のうどん, 小豆島 ,

「すえ宏」

ちょっと所要で小豆島に行くことになり、昼食は状況次第でした。

このお店は小豆島の草壁港から歩いていける距離にあります。

小豆島はオリーブ、醤油、そうめん、

色々と名産があります。

最近「醤丼(ひしおどん)」なるものもできていて、時間があったら醤丼を食べようかなぁと、到着して目的地へ向かう途中は思っておりました。

あと、話には聞いていましたが、ソフトクリームが食べられるところがたくさんあるそうで、醤油ソフトクリームを食べました。

「すえ宏」はすぐに目に留まり、フェリーの関係で時間があまりなければうどんでさらっと済まそうと思っておりました。

最終的にはやはりフェリーの時間でここを選びました。

遅めの昼時間になってしまいました。

それでも店内は地元のおっちゃんが何人かいましたし、会計を済ます頃には地元のサラリーマン風の方も。

メニューはなかなか豊富です。

「みそ煮込みうどん」もありますね~

あまり迷うことはなく「オリーブ牛肉うどん」にしました。

ちなみにこれが今年91杯目のうどんです。

味は普通においしかったですが、希望はもっと肉がモリモリがよかったなぁ。

そういえば小豆島は物価が高いと良く聞きます。

お昼もランチ1000円超えは結構あります。

なので仮に肉モリモリだと800円くらいにはなりそうですね~

ちなみにそうめんは小豆島の人にとっては家で食べるものだという意識があり、旅人がお店で食べるのは難しいそうです。

瀬戸内国際芸術祭の時にはそういったところもありましたが、限定のようですね。

【お店データ】
すえ宏
住所:香川県小豆郡小豆島町片城甲44-224
TEL:0879-82-3955
営業時間:11:00~20:00
定休日:第2・第4金曜日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]たも屋 女道場|肉釜玉!

今日はたも屋の「肉釜玉」をガッツリ食べたい気分でした。 てなわけで南新町商店街の「たも屋 女道

記事を読む

[讃岐うどん]釜揚げうどん 岡じま 高松店|温玉肉ぶっかけ

高松駅から徒歩でもすぐ行ける場所にあります。 「釜揚げうどん 岡じま 高松店」 メニュー

記事を読む

[讃岐うどん]植田うどんのかけうどん

植田うどんは何やかんやでよく行くうどん屋さんですが、 遅くなると麺切れで入れないことも何度かありま

記事を読む

[讃岐うどん]うどんの田|ようやく数量限定の角煮うどんゲット!

「うどんの田」 毎回思うのですが、田のうどんはおいしいです。 ちょいちょいは来るのです

記事を読む

[讃岐うどん]めんや七福はこだわりの細麺でうまいです!

県庁のナナメ前にあり、お昼時は行列ができるお店。 麺は細く、肉ぶっかけ系の出汁は甘め。

記事を読む

[讃岐うどん]元匠 湊店|東かがわのうどん文化を支える名店

「元匠 湊店」 昔、東かがわ方面に仕事に行く時はかなりの頻度で寄ることが多かったのは「元匠 東

記事を読む

[うどん日記]120杯到達。セルフうどん 天狗、たも屋 女道場、手打ちうどんますや

普通の香川県民が普通に暮らすと普通にうどんを何杯食べるのかを 今年計測しています。 普

記事を読む

[讃岐うどん]しんぺいうどん|夜の部初めて行ってきました!

高松の田町商店街の中にある夜もやっているうどん屋さん しんぺいうどん 某ゲストハウスがお

記事を読む

[讃岐うどん]さか枝|さぬきうどんのレジェンド店 早朝からやっています!

香川県庁の裏にある老舗うどん店「さか枝」 昼食時はやはり行列ができます。 ボクが行く時は

記事を読む

[讃岐うどん]エコぽん太| ラウンドワンの近くにある平本店のお店

クロスバイクを買ったので、遠すぎず、近すぎずの行ったことがなかったうどん屋をgoogle mapで探

記事を読む

ad

ad

超おにぎり屋

今年の5/30にオープンしたおにぎり屋さん。 高松では老舗のお

かねすえ丸亀町壱番街店|噂のわらび餅ドリンク 和三盆糖蜜入りを飲みました!

正式名称は「わらび餅屋さんの モッチモチのプルンプルンのタピオカ風わ

セトノウチ 島メシ家|オリーブ牛ローストビーフ3種食べ比べ定食

小豆島の土庄エリアにある「MeiPAM」の「セトノウチ」というエリア

ここから|南新町にできた山盛り唐揚のお店

南新町商店街にできた山盛り唐揚のお店「ここから」 場所は「瀬戸

あき山|高松で天丼と言えばここ。海鮮丼もサイコーです。

亀井町にある「あき山」 天丼目当てでたまに行きます。 お

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑