*

松阪牛麺 西宮本店|鮮度抜群の松阪牛に熱々スープをかけて食べるラーメン!!

公開日: : 最終更新日:2019/03/10 兵庫県で行ったところ

大阪に住んでいた時代もありますが、

離れてしまって相当経ちます。

ラーメン好きの友人と情報交換をしていた時に送られてきたのがこの写真。

なんじゃコレー!マジか!今度連れて行け!

ということで時間が少し経ってしまいましたがようやく実現しましたー!

「松阪牛麺 西宮本店」

ここと「吹田店」があるようです。

阪神「打出駅」で待ち合わせして歩いていきました。

車なら近くのタイムズ利用で100円券をもらえるようです。

券売機で食券を先に買うシステム。

「最後に白飯入れて食うのがうまいねん」と教えてもらいました。

じゃあそれで!と、次はいつ来れるか分からないので「肉盛り」にしました!

「松阪牛麺肉盛り」が1680円、 「松阪牛ヘットごはん」が290円

店内は落ち着いた上品な木目調。

店員さんも丁寧でとても好感が持てました。

平日のお昼時に訪問。

◆松阪牛
松阪牛麺の看板通り松阪牛肉のみを使用しています。
赤身の柔らかさと美味しさはもちろんの事、
融点=脂が融けだす温度が低く、
脂の旨みを堪能できるのが松阪牛の特徴です。
食べた後にもたれない牛肉の王様です!

◆あぶらかす
松阪牛の牛脂からヘット(牛の精製油)を搾り取った
後に残る部分。店舗で適度な脂質が残るようにじっくり丁寧に搾り取っています!
出汁にコクをもたらす影の主役です。

◆出汁
目近節・鯖節・昆布をどっさり使用しています。
特に目近節は「寒目近(かんめぢか)」と呼ばれる
1月から3月に足摺岬沖で獲れる良質な宗田鰹だけを使用し、
うどんやそばの出汁以上に風味豊かに仕上げております。

◆特注中華麺
全粒粉(ぜんりゅうふん)を配合した特注中華麺。
製麺は京都の「麺屋棣鄂(ていがく)」に依頼。
全粒粉は小麦の種皮や胚芽等を取らずに粉にしたもので、
お米に例えると玄米の様な状態です。
独特の風味があり、ビタミンB1・繊維質・カルシウム・鉄分等々を多く含みます。
当店の麺が蕎麦の様な見た目になるのはこの全粒粉の影響です。
※そば粉は一切使用しておりません!そばアレルギーの方も安心してお召し上がりください。

麺屋棣鄂は知らなかったのですが、オリジナルの麺をオーダーできて全国に発送してくれるところのようです。

しっかりとしたこだわりが書かれてありました。

先に連れのが到着。

結局彼はごはんを後で追加オーダーしました。

出汁をかけていくと肉の色がこんな感じに。

レモンをつつきながら食べると味が変わってくるからやってみてと言われました。

あぶらかす、は普通にホルモンを食べているような「かす」と呼ぶにはもったいないおいしさ。

「松阪牛ヘットごはん」

ヘットは牛の精製油とのことですが、まずはこれをごはんにかけて食べると

「めちゃめちゃウマー」

これも超おすすめです。

この状態で少し食べて、ラーメンの器にぶちこみます!

「温玉ごはん」というヘット無しの方でもこういう感じで食べるならいいと思います。320円。

いやぁサイコーですよ。

またぜひ行きたいと思いました。

【お店データ】
松阪牛麺 西宮本店
住所:兵庫県西宮市弓場町9-31
TEL:0798-35-2005
営業時間:11:00~14:30(L.O)18:00~22:00(L.O)
定休日:年中無休(年末年始を除く)
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

神戸ラーメン第一旭 三宮西店|迷わずCらーめん!

大阪に長年住んでいたのに第一旭のラーメンを食べたのは関西を離れてからでした。 ちょいちょい食

記事を読む

湯あそびひろば二宮温泉|深夜の一人ジャンボフェリーの待ち時間にオススメ

金沢から高速バスで大阪まで。 大阪について三宮で時間をつぶしてジャンボフェリーの深夜便で高松

記事を読む

明石屋|園田競馬場のうわさの「たこ天」うまし。

今回は新潟の旅、の前日は大阪に泊まります。 「松阪牛麺」でおいしいラーメンを食べて向かったの

記事を読む

ad

ad

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑