*

琥珀|ラーメン若松の味を引き継いで進化させる新店ができました

公開日: : 最終更新日:2019/02/04 ラーメン、その他麺類 ,

「琥珀」

「ラーメン若松 紺屋町店」から店長さんが独立開業されたお店になるようです。

違いが分かるほど舌の力も説明力も無いですが、メニューの内容もほとんど変更は無いようですね。

味もほとんど変わらずおいしいです。

場所は高松市美術館の裏側の道になります。

若松のラーメンはとてもおいしいと思っていて、県外のラーメン好きの友人が来ても連れて行けると思っています(実際はやはりうどん屋ツアーになるのですが)

なので街中に「若松」ができた時はうれしかったです。

▲これは以前行った時の「ラーメン若松 紺屋町店」時代のメニューです。

ラーメン白をとりあえずオーダー。

旧メニューだと若松ラーメンのイリコだし。

味は変わってないと思いますが、言い切れるほど舌に自信なし(笑)

おいしいのは間違いない。

これからもおいしいラーメンが街中で食べられることをありがたく思います。

ホルモンラーメンなど一部のメニューは夜のみ、とかという記事を目にしました。

サイドメニューや別のラーメンも色々と食べてみたいです。

後日つけ麺食べてきました!

説明書きにもありましたが、魚介スープのパンチがすごい。

ここの「つけ麺」大好きになりました。

うまい!!!

替え玉もしっかりやってしまいました。

【お店データ】
琥珀
住所:香川県高松市紺屋町10-8
TEL:090-2891-0589
営業時間:[月・火・木~土] 11:30~15:00(L.O.14:45) 18:30~22:30(L.O.22:00) [水] 11:30~15:00(L.O.14:45)
定休日:日曜日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

はるおさんただ(Haruo Santada)|本日はオヤマルチャーシューメン!

何やかんやで2回目の訪問です。 「はるおさんただ(Haruo Santada)」 宮脇町

記事を読む

運芽良(うんめら)は郷東で朝までやってるラーメン屋さんです

運芽良(うんめら)は結構家から近いのですが、 外食するなら街中がやはり多くてそれほどは通っていませ

記事を読む

大正そば、お気に入りラーメン屋になりました!

いのしし丸焼きBBQの帰り道に立ち寄ったのがここ「大正そば」 自分の車だけ雪が積もっていて道中

記事を読む

麺家いろは高松ライオン通り店|白エビ塩ラーメンもおいしかったです!

「麺家いろは高松ライオン通り店」 前回はオープンしてまぁまぁ早いタイミングで行きました。

記事を読む

来来亭 高松松縄店|こってりがおいしいラーメン屋さんですよ

気にはなっていたけれど、なかなか行く機会が無かったラーメン屋さんに誘ってもらいました。 「来来

記事を読む

肉蕎麦専門店 僕が僕であるために|ボリュームがすごい!四国初の肉蕎麦専門店

「正家」が違うお店になっていると気付いたのは、実は結構最近でした。 やっぱりたまーに行く程度

記事を読む

手打ラーメン木蘭(ムーラン)

「手打ラーメン木蘭」 いつからやっているのか分かりませんが、老舗ですよね? 三越近くにあ

記事を読む

話題のラーメン屋『黄昏タンデム』に行ってきました!

最近はなかなか西の方に行く機会も無かったのですが、 『なタ書』のキキさんのお誘いで、 琴平の『こ

記事を読む

手延べ麺お食事処 銀四郎|土庄港を出てすぐ、小豆島でそうめんが食べられるお店

「手延べ麺お食事処 銀四郎」 小豆島の名産品の1つに「そうめん」があります。 小豆島に

記事を読む

[チャリ日記] 五色台チャリトレーニング&終わった後の「裏きせき」でラーメン

今日は音楽仲間という分類でいいのか、長年お世話になっているシオタくんが誘ってくれて五色台を自転車で上

記事を読む

ad

ad

頂|西日本で唯一、生で食べれるジンギスカンのお店です!

生肉で食べられるジンギスカンのお店があると聞いていて、ずっと行きたか

ランチブレイクというバンドに最近ハマっています

「ランチブレイク」というバンドの「温泉」という曲をたまたま耳にしてい

[チャリ日記]沙弥島と瀬居島で瀬戸内国際芸術祭2019を鑑賞

最近チャリで遠出をしていませんでした。 欲求が無かったというか

自家焙煎 プシプシーナコーヒー|夏期限定の「海辺にて」は最近のお気に入りです

もう結構前から全国区になったコーヒー自家焙煎のお店。 県外でも

肉蕎麦専門店 僕が僕であるために|ボリュームがすごい!四国初の肉蕎麦専門店

「正家」が違うお店になっていると気付いたのは、実は結構最近でした。

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑