*

[讃岐うどん]池上製麺所|ご存知るみばあちゃんのお店

公開日: : 最終更新日:2019/01/22 今日のうどん ,

「池上製麺所」

高松にUターンしてきて「るみばあちゃん」の名前はよく耳にしていました。

いつか行こうと思いながら行列がキライなのと、観光地うどんだろうと思っていたので、県外から友人が来た時に連れて行こうと思いつつ、全く行く機会がなかったのです。

TVなんかでも以前は「るみばあちゃん」が取り上げられていたりしていましたが、現在は店頭には立っておらず、パネルが置いてあるようです。

チャリに乗るようになって、香東川自転車道を走るようになると、このお店がこんな近くにあったんだと認識。

あいにく開店前でしたが、今チャリツアーのコースを作っていて、ここはいいスポットだと思っていました。

今回チャリで2人でやってきました。

事前リサーチで「肉釜玉」にしようと思っていました。

ちなみにこれが今年87杯目のうどんです。


店内はイメージと違っていてキレイで天井が高くいい感じでした。

古民家風のイメージを持っていました~

と思ったらやはり近所から今の場所に移転していたようですね。勉強不足でした~

るみばあちゃんのパネル。

厨房にいる姿を見たかったなぁと思いますが、相当前に行かないとダメだったんでしょうね~

今回は月曜日の昼少し前に訪問しました。

混雑を覚悟していましたが、大丈夫でした。

これからのチャリツアーではコースにチョイチョイ入れていこうかと思います。

【お店データ】
池上製麺所
住所:香川県高松市香川町川東下字高須899-1
TEL:087-879-2204
営業時間:10:00~14:30※麺がなくなり次第終了
定休日:火曜日・元日
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]手打うどん たむら やっぱりサイコーだと思う

香川にUターンしてきての初期、うどんってめっちゃおいしいと特に思わせてくれたのがこの「手打うどん た

記事を読む

[讃岐うどん]手織うどん滝音|休日に行ったら大行列でした!でも行く価値あり

「手織うどん滝音」 職場を変わっても定期的にお会いする方がいます。 とはいえ年に一回会う

記事を読む

[うどん日記]一福まちなか店、吾里丸うどん2、ひさ枝

今年はこのブログ企画として、 一般的な香川県民は1年間で何杯うどんを食べるのか、ということを

記事を読む

[うどん日記]うどん市場 兵庫町店、めりけんや 高松駅前店、こんぴらや 兵庫町店

今年はこのブログ企画として、 普通の香川県民は1年で何杯のうどんを食べるのか、を記事にしてい

記事を読む

[讃岐うどん]情熱うどん わらく|とり天ぶっかけと期間限定たこ天ぐし

「情熱うどん わらく」 ファンの多いお店だと思います。 久しぶりにやってきました。

記事を読む

[讃岐うどん]めりけんや 高松駅前店|おすすめは肉釜玉です!

「めりけんや 高松駅前店」 JR高松駅すぐの朝から夜まで開いているとても使い勝手のよいお店です

記事を読む

[讃岐うどん]しんぺいうどん|肉玉つけうどん!

「しんぺいうどん」 田町商店街の中にある若き店主が営むお店 フルサービスのお店なので普段

記事を読む

[讃岐うどん]西端手打 上戸 燧(ひうち)のいりこは日本一!

香川から愛媛県へ抜けていく道にある「上戸」 ここはファンが多いお店です。 有名ですよね^

記事を読む

[讃岐うどん]たも屋 女道場|肉釜玉!

今日はたも屋の「肉釜玉」をガッツリ食べたい気分でした。 てなわけで南新町商店街の「たも屋 女道

記事を読む

[讃岐うどん]えん家に再び!かしわ天ざる&鶏皮揚げ

「えん家」さんはNude Supperclubの系列のようですね。 2回目の訪問です。

記事を読む

ad

ad

麺麓menroku|めちゃめちゃ良質の鴨出汁ラーメン店

「麺麓menroku」 先程記事にした「松阪牛麺」と同様に大阪

松阪牛麺 西宮本店|鮮度抜群の松阪牛に熱々スープをかけて食べるラーメン!!

大阪に住んでいた時代もありますが、 離れてしまって相当経ちます

鮮魚鉄板バル MareMare(マレマレ)|魚とワインを楽しくおいしく味わえるお店

「鮮魚鉄板バル MareMare(マレマレ)」 ここは、あの

オリーブ温泉|海が見える抜群のロケーション!16種類のお風呂が楽しめる小豆島の土庄にあるスーパー銭湯

「オリーブ温泉」 小豆島の土庄にあるスーパー銭湯です。

手延べ麺お食事処 銀四郎|土庄港を出てすぐ、小豆島でそうめんが食べられるお店

「手延べ麺お食事処 銀四郎」 小豆島の名産品の1つに「そうめん

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭
PAGE TOP ↑