*

手延べ麺お食事処 銀四郎|土庄港を出てすぐ、小豆島でそうめんが食べられるお店

公開日: : 最終更新日:2019/02/05 ラーメン、その他麺類, 小豆島 ,

「手延べ麺お食事処 銀四郎」

小豆島の名産品の1つに「そうめん」があります。

小豆島にはたくさんの製麺所がありますが、「そうめんは家で食べるもの」という慣習というか風土があるようで、島内でそうめんを食べられるお店は昔はなかったようです。

「瀬戸内国際芸術祭2010」の時に作品の近くでお店で食べた記憶がありましたが、それは一時のことだったようです。

そんな話を聞いていたので、今もそうなのかと思っていましたが、「おおみねのうどん屋さん」でうどんを食べて、港まで戻ってきた時に「お食事処」の旗が目に入ってきました。

パッとネットで調べてみると「銀四郎麺業」が2016年の瀬戸内国際芸術祭に合わせて、ここにお食事処を作ったそうです。

「さっきのうどん一玉にしといて良かったぁぁ」という訳の分からぬ自己弁護にてそうめん食います!

注文はショップのレジのところで食券を購入するシステムです。

ちなみにメニューは

【メニュー】
そうめん「銀四郎めん」 500円(大盛り+100円)
黒胡麻そうめん 600円(大盛り+200円)
オリーブそうめん 600円(大盛り+200円)

オリーブサイダー 200円
醤油サイダー 200円
ノンアルコールビール 400円
ソフトクリーム 300円
ソフトクリーム(オリーブオイルトッピング)380円
オリーブサイダーフロート 400円

【あったかメニュー】
にゅう麺 500円
きつねにゅう麺 ※冬季限定 550円
手延べうどん ※冬季限定 500円
手延べきつねうどん ※冬季限定 550円

ちなみに「にゅう麺」とは、手延べ素麺の製法をそのままに「打つ」のではなく、「延ばした」うどんのことだそうです。

「オリーブそうめん」にしました!

「東洋オリーブ」とコラボしたメニューだそうです。

薬味を入れて、席のところに置いてある胡麻をたっぷり入れて

一気にすする!

おいしいし、やはりお店で食べられるのはうれしいです。

あっ、

たまに タイミングが合えば見ているNHK四国の番組「ぐるっと四国[新] 軽四キャンピングカーがゆく」 蟹江一平 さんが来ていたようですね~

1/25の放送だったようで、残念ながら見逃していました。

ショップは時間が無くてじっくりチェックできなかったのですが、お土産選びにもよさそうです。

【お店データ】
手延べ麺お食事処 銀四郎
住所:香川県小豆郡土庄町甲5165番地94
TEL:0879-62-1868
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

梅本水産|小豆島の福田港名物の穴子丼

「梅本水産」 小豆島の福田港にあるお土産屋さん&お食事処です。 姫路と福田を結ぶフェリ

記事を読む

森國ベーカリー|酒米の米粉を使った小さなコッペパン、浸しコッペがウマすぎる!!

「森國ベーカリー」 「森國酒造」もですが、存在はもちろん知っていましたが、初めての訪問。

記事を読む

オリーブ温泉|海が見える抜群のロケーション!16種類のお風呂が楽しめる小豆島の土庄にあるスーパー銭湯

「オリーブ温泉」 小豆島の土庄にあるスーパー銭湯です。 香川や

記事を読む

CAFE&DINING OASIS|小豆島産の食材を使った釜焼メニューがおいしいお店

「CAFE&DINING OASIS」 小豆島の土庄中学校の近くにある、宿とお食事処

記事を読む

らーめん 山ちゃん 北浜にあるめっちゃ気になるラーメン屋潜入

北浜はオシャレスポットになってかなり長いですが、 昔からあるお店は味があるところが多いイメージ

記事を読む

ミラノのおかず屋さん【ランチ】に超久々に行ってきました!

瓦町駅近辺で打合せで使えそうなランチのお店を探していました。 よくあるのがうどんからのドトールとか

記事を読む

琥珀|ラーメン若松の味を引き継いで進化させる新店ができました

「琥珀」 「ラーメン若松 紺屋町店」から店長さんが独立開業されたお店になるようです。

記事を読む

希望軒 高松屋島店|あのフォトジェニックなチャーシュー麺を食べてきました!

「希望軒 高松屋島店」 新田町にある以前は確か「おろちょんラーメン」の後にできたお店です。

記事を読む

ごぞうらぁめん

うどん粉を練り込んだ「自家製太麺」食すべし!! と看板に書かれていますね^^ 商店街にあ

記事を読む

中華そば 波|安定の塩ラーメン。値上げしても引き続き通います!

たくさんのファンを持つ「中華そば 波」 ここが家から徒歩圏内にあるのは本当にうれしいで

記事を読む

ad

ad

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑