*

[讃岐うどん]手打ちうどん ひさ枝|ここのうどんはやはり絶品。早朝から営業しています!

公開日: : 最終更新日:2018/12/04 今日のうどん ,

たも屋から独立した了さんがオープンされた「手打ちうどん ひさ枝

もう安定の人気で、香川のうどん界では大人気店になっています。

場所が郊外になるので、旅行者には行きにくい場所かもしれませんが、レンタサイクルで高松駅から向かっても30分以内で行ける場所です。

ぜひ行ってみていただきたいお店です。

実はかなり久しぶりの訪問。

混む前に早めに行こうと思っての訪問でしたが、知り合いの方にバッタリ。

ウワサになっている「マツタケうどん」を見せてもらいました。

おそらくメニュー表には出ていない特別メニュー。

写真は撮れなかったのですが、いい姿でした^^

久しぶりなので、「冷かけ」「とり天ばらし」を。

 

これは最強の組み合わせです。

ひさ枝のうどんはやっぱりうまい!と断言できます。

ちなみにこれが今年77杯目のうどんです。

いつもちくわ天をごちそうしてくれます。

揚げたてのちくわは本当においしい。

了さんに、先日サンポートで行われている「真夏に夜の夢」でバッタリお会いした時に、チャリで走り回っているのをよく見かけてると言われました。

あれ、お家はこの辺でしたっけ?と聞くと、とある病院にうどんを納入しているそうで、配達の時によく見られているようでした(笑)

 

店内がとても広く、朝から営業されていて、打ち上げにビールと揚げたての天ぷらで朝から盛り上がっている光景もあるようで。

今は自分の生活圏とは逆の所にあるので、パッと行くことがないのですが、やっぱりおいしかったので、ちょこちょこ行っておきたいお店だなぁと改めて思いました。

 

【お店データ】
手打ちうどん ひさ枝
住所:香川県高松市郷東町796-53
TEL:087-810-3847
営業時間:7:00~14:00
定休日:無休
(※変更になっている場合もありますので実際行かれる場合は確認をお願いします!)

ad

関連記事

[讃岐うどん]しんぺいうどん|夜の部初めて行ってきました!

高松の田町商店街の中にある夜もやっているうどん屋さん しんぺいうどん 某ゲストハウスがお

記事を読む

[讃岐うどん]ゴッドハンドの肉ぶっかけ、瀬戸芸限定ビールも置いてあった

地上最強のウドン・ゴッドハンド 久しぶりに入りました。 普段うどん屋でビールを飲むことは

記事を読む

[讃岐うどん]バカ一代の釜バター

そうそう、久しぶりに「釜バターうどん」を食べたくなって行ってきました。 『手打十段 うどんバカ

記事を読む

[讃岐うどん]ゴッドハンドのかけうどん

旅の方に高松駅周辺でお気に入りのうどん屋さんを聞かれた時には、 ここは必ず紹介しているくらい気

記事を読む

[讃岐うどん]たも屋女道場の肉釜玉うどん!ハマりますよ^^

たも屋のうどんは何でもウマいのですが、 今までハマったのは「かすうどん」「カレーうどん」。安定

記事を読む

[讃岐うどん]手織うどん滝音|休日に行ったら大行列でした!でも行く価値あり

「手織うどん滝音」 職場を変わっても定期的にお会いする方がいます。 とはいえ年に一回会う

記事を読む

[讃岐うどん]吾里丸うどん2|初の肉うどんを食べてみました

「吾里丸うどん2」 香川大学の近くにあります。 宮脇町のマルナカの向かい側です。

記事を読む

[讃岐うどん]森製麺所|取材が基本NGらしい高松市役所近くの製麺所

高松市役所のナナメ向かいにある製麺所「森製麺所」 たまたまサラッと撮った写真が何か紅葉と「ぶど

記事を読む

[讃岐うどん]麺処 綿谷 高松店|定番のスペシャルぶっかけ!

「麺処 綿谷 高松店」 もう何回も行ってます。 だいたい頼むのは「豚肉ぶっかけ」、か今日

記事を読む

[讃岐うどん]きたおかうどん 【閉店】

※2017年5月、このお店は閉店しています。 瀬戸内国際芸術祭で旅の方に紹介することも多いうど

記事を読む

ad

ad

超おにぎり屋

今年の5/30にオープンしたおにぎり屋さん。 高松では老舗のお

かねすえ丸亀町壱番街店|噂のわらび餅ドリンク 和三盆糖蜜入りを飲みました!

正式名称は「わらび餅屋さんの モッチモチのプルンプルンのタピオカ風わ

セトノウチ 島メシ家|オリーブ牛ローストビーフ3種食べ比べ定食

小豆島の土庄エリアにある「MeiPAM」の「セトノウチ」というエリア

ここから|南新町にできた山盛り唐揚のお店

南新町商店街にできた山盛り唐揚のお店「ここから」 場所は「瀬戸

あき山|高松で天丼と言えばここ。海鮮丼もサイコーです。

亀井町にある「あき山」 天丼目当てでたまに行きます。 お

→もっと見る

  • 瀬戸内国際芸術祭2019
PAGE TOP ↑